« 錫杖 | トップページ | 悪だくみほど楽しいものは無し »

2006年6月26日 (月)

マッタリ

 久々にマッタリしました。

 といっても、喰っちゃ寝というわけにも行かず、午前中は二週前のストカフェの前日に練習走行をしたロシナンテのメンテナンスです。

 その内容は、フロンブレーキの洗浄、ブレーキフルードの交換、メッシュホースに巻いてあるナイロン製のスパイラルチューブが、エンジンの熱により一部溶けていた為、これを買出しに行き交換なんかしていました。もちろんこの作業の後は、ワックス掛けで綺麗綺麗です。本当は一週前にしてやろうと思っていたメンテナンスですが、仕事が忙しく、しかもこの前の週末は出勤でしたので、昨日の作業となりました。

 ロシナンテ、汚れたまま待たしてごめんな!

 綺麗綺麗にした後は、せっかくのオーリンズの前後サスに負担をかけないよう、とアンダーブラケットとフレームにジャッキをかまし、サスペンションを無負荷にしてやります。

 フロントのスクリーンに傷防止の裏地のついたスクリーンカバーをかけ、シートからタンクにかけてよく乾燥した毛布をかけ、その上から車体カバーを包みます。

 もちろんこの時期、湿気防止に車体カバー下には「水とり象さん」二個置きです。

 このようにして我が愛機は、次のレースまで身体を休ませるのです。

 この作業後、軽い昼食をとり、最近足しげく通っている紅茶専門店で、今の時期だけ喫める、ブレンドされていない、収穫農園のファースト・フラッシュの紅茶を頂きに徒歩で出かけました。

 その道すがら、武道館のお堀で、鯉が死んでいるのを見かけたのですが、その亡骸に川海老がたかっている様子が、まるで蝉の屍骸に蟻がたかっている様子。その時、頭に浮かんだビジョンがダリとブニュエルの実験映画“アンダルシアの犬”の1シーンを思い出され、紅茶を喫んでから急いで家に帰り、ビデオのコレクションの中より“アンダルシアの犬”を掘り起こし、マッタリしながら鑑賞です。

 そんなこんなな、松永的にリラックスした週末の過ごし方となりました。

|

« 錫杖 | トップページ | 悪だくみほど楽しいものは無し »

コメント

せっかく゛マッタリ゛できたのに
今日は゛ブチ切れ゛なのネン(意味不明&笑)

そそ誉チンから連絡有るだろうから宜しく♪

投稿: O.C MAKOTO | 2006年6月26日 (月) 21時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッタリ:

« 錫杖 | トップページ | 悪だくみほど楽しいものは無し »