« 時代劇漫画 | トップページ | GUZZIにオロナイン »

2006年5月 2日 (火)

褒めて伸びる子?

 先週末の稽古のことですが、なんとかかんとかお褒めの言葉を頂きました。

 レースをはさんでこの二週間、できる時には木剣の素振りを欠かさずやってきた甲斐があったというものです。

 でも細かいところをつかれると、まだまだ手首の使い方が硬かったり、気が焦り、歩み足(古武道は剣道のような右足が絶えず前といった、すり足ではない)の歩幅が先生に近付くにつれ大きくなり、間合いが近くなりがちになったりと、注意される点は相変わらずあるのですが、それでも今回の稽古の最後に行う通しでの型の演武では、いつものように途中で「ダ~メ!」と切られること無く、最初から通して型の最後までをできるように成れました。

 稽古中の先生の言葉、「一つ一つの動作をもっと確実にメリハリをつける、下腹(丹田)に力をためて焦らない。もっと肩の力を抜いて柔らかく」そう、これがちゃんとできていれば、今回レースでもギアを壊していなかった・・・私の弱点克服すべき点は「焦らない」と言うことだ。

 じゃあどうすれば克服できるかよーく考えた。いつも稽古の最後の方、疲れて集中力が切れてきたりするとその傾向が強くなる。基礎体力不足だ。

 高い基礎体力→肉体的余裕=集中力の維持→焦らない→技が安定する。

 心・技・体そのものです。

 ただ褒められたのは本当ですよ。ひょっとして私が褒めて伸びる子(子って歳じゃないでしょ)だと知って・・・(笑)

 冗談はさておき、それでも自分のレベルが上がると、今よりも更なるレベルアップをしたいと云う欲が出て、家での素振りにも熱が入るものです。

 それと手首の稼動範囲拡大のため、風呂に入っている時、体温が上がったところでグリグリストレッチを欠かさぬようになりました。

 「柔らかさと脱力による、正確で高速の振り」これが次のテーマです。 

|

« 時代劇漫画 | トップページ | GUZZIにオロナイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/9852936

この記事へのトラックバック一覧です: 褒めて伸びる子?:

« 時代劇漫画 | トップページ | GUZZIにオロナイン »