« 歯医者さんに行ったのだ | トップページ | 図工の時間 »

2006年3月12日 (日)

秘剣・蝙蝠落し

 今日になったばかりの深夜、自営業の事務所でしていた事務仕事を終え、母屋の台所に行き、電灯をつけると部屋の中を飛んでいる生き物・・・蝙蝠です。いったいどこから迷い込んだのでしょう?

 蝙蝠の蝠は福にも通じ、縁起のいい動物なので、中庭に通じる扉を開き部屋から出る様に促すのですが、台所の中を旋回するばかりで一向に出て行く気配がありません。

 私が障害物となって「こっちだよ」と誘導するのですが、流石、超音波センサーで障害物をよける名人、私の身体など無いように滑らかな軌跡を描きながらよけていきます。

 こうなったら覚悟を決めて、この蝙蝠を怪我させること無く何とか捕獲しようと思い、着替え用にと傍に置いていたリーバイスの501を手に取り、ベルト側を纏めて木剣を握るように掌に収め、ジーンズを右肩から背中にかけているような体制をとりました。

 イメージ的には、ぐにゃぐにゃの柔らかい刀で、八相に構えた感じです。

 振り下ろした時、一番先端の袖口部分が加速しながら目標物に伸びていく感じをイメージしながら、いつも木剣を振るようにジーンズを振り下ろすと、鞭のように伸びていったジーンズが、超音波センサーに探知されその飛行軌跡を変更させる前に蝙蝠を捕らえ、その衝撃で蝙蝠は床に堕ちました。

 初めのうちは気を失って居ましたが、見た所では外傷も無く、掌に載せて(見た目に比べ、あまりの軽さに驚きました)中庭に出してやったのですが、地面をモゾモゾ居心地悪そうに動くだけです。

 「はっ」と気がつき、もう一度掌にとり、優しく宙に投げてやると、「サッ」と翼を広げ、中庭を何度か旋回しながら徐々に高度を上げてゆき、真っ暗な夜の空へ溶けてゆきました。蝙蝠は鳥のように地面から離陸できないのでした。滑空が必要なのです。

 昔ながらの、鰻の寝床のような間取りの我が家を、洞窟だと思ったのでしょうか?

 「福が来ると善いな」と思い、無益な殺生はしませんでした。

 蝙蝠よ、上記の件わかっているよな。

 

|

« 歯医者さんに行ったのだ | トップページ | 図工の時間 »

コメント

春のモトルネ 3/13(月)より参加受付開始。
         ・ ・
06開催クラスはRF HP掲載。
主催者様 大丈夫ですか?
モ通信来てませんヨ!

それで蝙蝠・鼠のいる家は火事にならないって そう言うはなしじゃないのね。

投稿: 無茶士 | 2006年3月12日 (日) 13時30分

主催がクラブモトルネッサンスってかいています。
主催者さまのブログは一月以上更新がありません。
ボクサ-トロフィ-は予定に入っていません。
松永06号の勇士見ることできるのでしょうネ。

投稿: 無茶士 | 2006年3月12日 (日) 13時48分

>松永06号の勇士見ることできるのでしょうネ。
もちろん!!でも確かにモ通信来てないっすね・・・。

投稿: 松永 | 2006年3月12日 (日) 15時30分

「ど~こから来たのか黄金蝙蝠~♪・・・」
みんなが゛どん引き゛しそうなので・・・退却~♪ 退却~♪

投稿: O.C MAKOTO | 2006年3月12日 (日) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/9051889

この記事へのトラックバック一覧です: 秘剣・蝙蝠落し:

« 歯医者さんに行ったのだ | トップページ | 図工の時間 »