« 目覚めよ! | トップページ | 宿り木 »

2006年1月 3日 (火)

稽古始め

 稽古始めに行って来ました。

 高校時代の懐かしい顔に、二十年ぶりに会うことができました。

 また、やっと雖井蛙流平法の教本を渡してもらい、ざっとニ、三度目を通してみましたが、さすがに極意の剣「神妙剣」「不識剣」「驪竜剣」「星斬」については名前だけしか載っていませんでした。(奥義なので当たり前)

 これで、予習をして道場へ行くことができます。(予習と言えば、一昨日の朝早く、家の前で白樫の木剣を持ち、型の練習をやっていると、ジョギングというかウォーキングをしている人々に、物凄い変な目で見られました。)

 我々(と言っても二人だけ)、雖井蛙流の稽古が終わり、隣で稽古をされていた居合いの方々の稽古を拝見していると、「ひゅっ」っと空気を斬りながら、青白く光る本身のあまりの美しさにうっとりしました。

 それは人斬り包丁として内在する「危うさ」と「無慈悲」から来る、人を魅入らさずにいられない機能美なのかもしれません。 

|

« 目覚めよ! | トップページ | 宿り木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/7968808

この記事へのトラックバック一覧です: 稽古始め:

« 目覚めよ! | トップページ | 宿り木 »