« The forged | トップページ | うんざり »

2006年1月 6日 (金)

モーレツにかっこいい

 またまた何度目かの“2001年宇宙の旅”を見たのだが、もうなんて言うのか、モーレツに見立ての良い映画なのです。

 宇宙のシーンなんて、真空なので光の拡散がないところまで再現されていて、焦点深度が限りなく深くピンがあっており、ハイライトはめちゃくちゃ明るく、影は真っ黒黒スケなのである。

 「もう絞りを、絞るだけ絞って、弱い露出で、露光時間一齣にいったい何秒(ひょっとして何分?)掛けたんだっ?」って小一時間カメラマンを問いただしたくなる。そんな映像を見て、ただ溜息ばかり。

 「本当にスゲーナー、キューブリックって・・・でもカメラマン地獄だな・・・この作品一本で魂抜けるよな普通・・・」

 ワンショット勝負の写真の世界では、これと同じ事を土門 拳が仏像相手にやっていますが、モーション・ピクチャーでこれやられるとねぇ~。

 それとも、私のこんな映画鑑賞の仕方のほうが間違ってますか・・・?

 ですね。

 でも全く隙のない映像なんです・・・話の内容とは関係なく、(特に作業ポットの発進シーンとか観ていると)これを作ったスタッフのこだわりを考え、目頭が熱くなる。馬鹿ですね私って。

 でも、こういったこだわりって、モーレツにかっこいいと思いませんか?

 ちなみに1968年公開の映画です。改めてスゲー!

 (ストーリーは好き嫌いがあるのでそれは自己責任で)

|

« The forged | トップページ | うんざり »

コメント

デイジー、デイジーアイムクレイジ~。

投稿: 海苔 | 2006年1月 6日 (金) 00時43分

Mr.Nori, will I dream?

投稿: 松永 | 2006年1月 6日 (金) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/8020849

この記事へのトラックバック一覧です: モーレツにかっこいい:

« The forged | トップページ | うんざり »