« クレオパトラの鼻が・・・ | トップページ | タツノコプロ »

2005年11月 2日 (水)

キラーコンテンツ

 ヤフーのニュースに「USENの無料ブロードバンド放送GyaO(注:音が出ます)で、ドキュメンタリー番組『怪獣のあけぼの』の配信がスタートした」との記事あった。

 第一話を早速視聴した・・・プロジェクトXなんかよりずっといいドキュメンタリーに仕上がっている。

 視聴をしながら、GyaOのこと、それと規制だらけの今の地上波テレビのことなんかを考えさせられた・・・。こんなメディアが有りだとしたら、地上波デジタルの存在意義って有るのかな・・・。在京のキー局はまだしもローカル局の存在意義って・・・統括している総務省(旧郵政省を含む)はどう考えているのだろう。郵政民営化のおかげで、総務省におけるテレビ局利権は旧郵政族にとっては、残されている数少ないおいしい部分だと私は思っていますが・・・。

 しかし、NET上では通信環境の整備が進み、言葉だけではない本当の意味でのマルチメディア、マルチタスク(懐かしい~学生時代コレが売りのAmigaのマシンがモーレツに欲しかった・・・)の時代が来ているように思われた。(私だけ)

 自分もBlogだけじゃなくて動画が動くHPを作りたくなった。

 

|

« クレオパトラの鼻が・・・ | トップページ | タツノコプロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/6830883

この記事へのトラックバック一覧です: キラーコンテンツ:

« クレオパトラの鼻が・・・ | トップページ | タツノコプロ »