« タツノコプロ | トップページ | 今期最後のレース »

2005年11月 4日 (金)

森に入る

yama  朝一より仕事で付き合いのある方と、彼の親族の所有する松茸山に分け入った。入札期間が10月末で切れたと言う事で、入札後の落穂拾いをしようということになったのだ。(片方の眉を剃ったりしはしていない、あしからず。)

 松茸は山の尾根沿い、尾根の稜線より下る事10m位の範囲、尾根の日の当たる側に生えるのですが、尾根に到達するまでが大変なんです。

iwakura  途中にこんな岩倉があります。山ノ神の座する岩倉でしょうか・・・急な勾配がわかりますか?

 ほぼ匍匐前進に近い格好で松茸を探しながら、尾根に向って上り、斜めに10m下り、又上がるの繰り返しです。時折、スズメバチの斥候が警告に来ます・・・そういったときはいちもくさんに退散です。度重なる勾配の上り下りで、ゴアテックスのフィールドジャケットの下は汗だくです。

murasakishimejikaimi そんな状態の中、秋枯れの森の中に美しい色を見ることが出来ます。枯葉の中に顔を出す「森のアメジスト」、ムラサキシメジ、モノトーンの色の中で、ひときわ映える美しい赤い実・・・。

chichitakefungi こんな茸にも出会いました。片方は傘径が25cmくらいある大きな茸です。春の山菜、秋の茸、山の中に分け入る事は私の楽しみであります。山の空気を吸い、一仕事の後、ほっと一息を入れながら飲むお茶の旨い事。あぁ生きていると実感できます。10:30過ぎになるとポツポツと雨が降り始めたので、もう少しいたかったのですが山から退散しました。勾配が急なので濡れると滑落の危険性がありますからね。

でっ・・・松茸はどうなったって・・・

matutake 今日は松茸ご飯です。(私はご飯物を原則食べない事にしていますが、この度はちょっとだけ山の幸を頂こうと思います。)

 

 

|

« タツノコプロ | トップページ | 今期最後のレース »

コメント

マツタケ・・・・・

写真の撮り方に。二重丸。

画がいいねぇ。

投稿: ocboo | 2005年11月 4日 (金) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/6876667

この記事へのトラックバック一覧です: 森に入る:

« タツノコプロ | トップページ | 今期最後のレース »