« へザーの花の咲く処 | トップページ | 夜間戦闘機は音楽つながり »

2005年9月23日 (金)

居残り練習

 さてさて、次の日が休みとなると、9時の閉店ギリギリまでジムで居残りトレーニングです。

 一通りメニューを済ませた後、マシンスクワットのフォームチェックをいつもトレーナーに見てもらうのですが、「良いですよ」とは言われるのですが自分的に「何か違う・・・」と自覚していた今日この頃、トレーナー氏に頼んで見本をちょっとやってもらった・・・気が付いた・・・リズムが違う・・・私は、股関節が曲がり始め、深く屈伸し、そこからタメが入り伸びが始まり直立まで持っていく、トレーナー氏は曲がり始め屈伸点にいたると曲がった反射を使い一気に伸びまで持っていく、私は一拍子タメが多く三拍子、トレーナー氏は二拍子だ。 これでも幼稚園年小組から中学3年までピアノをやっていたおかげで、この辺のところはうるさい。

 そうとわかれば、閉店までの30分間居残り自主練だ。マシンスクワットとそれに対応するNEWラットマシンを交互にしていると。いつの間にか2人のトレーナーに囲まれてのトレーニングとなっています。二人のチェックを受けながら2セットほど消化、するといつも着いてくれているトレーナーが「イヤーさっきと全然違いますよ!!言う事ないです。」とビックリしたような顔。そのための居残りである。(ニヤリ)「鉄は熱い内に打て!」と言いますがまさにそれ。今までの間違いが理解できれば、その感じを忘れないうちにすぐに実践である。実践をしてコツをつかんだら、そのコツを忘れないように反復練習。

 フォームが正しいのであれだけやっても、最初の頃に比べて疲れない、いくらでもいける、ああこうやってトレーニング馬鹿になっていくのね・・・。

 最後に三島由紀夫の言葉を書いておきます。

「男の生活と肉体は、危機に向って絶えず振りしぼられた弓のように緊張していなければならない」   “若きサムライのために”より

|

« へザーの花の咲く処 | トップページ | 夜間戦闘機は音楽つながり »

コメント

>30分

24時間のなかのたかだか30分されど30分、汗をかく大切さを、しみじみ感じます。

投稿: 大阪のイ。 | 2005年9月23日 (金) 10時20分

ロッキー・バルボアを観てしまった!
1と2を。
鍛えるぞー・・・・・・!

投稿: 大阪のイ。 | 2005年9月23日 (金) 18時32分

大阪のイ。さま
今日、元プロボクサーで、今通っているジムのトレーナー研修生の方に、「顎のラインとか首周りが一ヶ月前とは明らかに違ってきましたね。」と言われました。(鏡を見ながら、自分でも頬骨がでてきたなぁ~と思っていたんです。)体重はあまり変わりませんが体脂肪率は目に見えて変わってきました。
後、嬉しかったのが「アスリートと言うより、戦う男の雰囲気があります。」って、私にとって最高の褒め言葉やん。
調子に乗って明日は昼、夜の部と二回行くつもりです。

投稿: 松永 | 2005年9月23日 (金) 21時15分

戦う男・・・人相が悪いちゅうことかな。

・・・スマソ

投稿: 瓶星 | 2005年9月24日 (土) 07時35分

>瓶星さま

ナイスです。      (大笑)・・・

投稿: 大阪のイ。 | 2005年9月24日 (土) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/6070820

この記事へのトラックバック一覧です: 居残り練習:

« へザーの花の咲く処 | トップページ | 夜間戦闘機は音楽つながり »