« 元の切り上げ | トップページ | 信号待ち »

2005年7月25日 (月)

人間ABS

 昨日のまさに日付が今日が変わろうとしている頃、鈴鹿サーキットから帰路、自宅に急ぎハイ・エースのハンドルを握っていた時のことである。

 兵庫県佐用町の峠道をちょっと言えない速度で走行中、街灯などない山道の暗闇の中に小さな光るものが二つ、「なに?」と思いながらアクセルから足を離していると・・・・

「げっ、でっかい雌鹿(バンビなんてレベルじゃない)だっ・・・」

 小さな光る二つ物とは、鹿の目の瞳孔がヘッドライトに反射していたでした。

 フルブレーキングである、まずブレーキペダルをちょっと踏み込んで車の姿勢を作り、すぐさま「ギューゥゥゥ」てな感じにペダルを踏み込んだ。

 タイヤスキール音が「キャッ」と出たところで、靴の中の足の指をリリースする感じでブレーキを緩め、すぐさま再びペダルを踏み込み。

 その間、鹿の方は映画“ブレードランナー”のレプリカントのごとくヘッドライトの光を瞳孔に反射させた状態で金縛りにあって車道の真ん中で凍り付いている。(頼むよ走って逃げりゃいいじゃん)

 間一髪、鹿の1m50cm程手前で停車、まだ鹿は凍りついているようなので「ペッ!」とハイ・エースの安っぽいホーンを短めに鳴らすと、今まで掛かっていた金縛りから「はっ!」と解かれたようで、一目散に道路脇の林の中へ消えてゆきました・・・。

 レースやっていると、こういった時、役に立つなぁ~。

 鈴鹿の帰りに鹿を助けるって何かの予兆・・・・?

 鹿よ、命を助けたんだから恩返しよろしく!

|

« 元の切り上げ | トップページ | 信号待ち »

コメント

いや~危なかったですね~♪
鹿はねとばすと車グチャグチャになりますからね~。

私も過去に何度か経験あります。
BMW(2輪)の時はマジで焦りましたね♪

ちなみに以前勤めていた会社では、もし鹿をはねたら、きちっと血抜きして持ち帰るようにお達しが出ていましたっけ。修理代くらいにはなるらしいですよ♪

血抜きなんか出来るか!

って思ってましたけど♪

何はともあれご無事で何よりです。

では。

投稿: hey | 2005年7月25日 (月) 09時18分

イノシシはねても、車のダメージはかなり大きいです。

動物をしめるときは、やはり血抜きは大切です。これを怠ると後で食すとき、生臭くなったりして肉の味が落ちます。

投稿: kuwa | 2005年7月25日 (月) 13時38分

hey& kuwaさま
血抜きって・・・
あなたたちは「はじめ人間ギャートルズ」ですか(笑)。

投稿: 松永 | 2005年7月25日 (月) 14時02分

鹿・・・うまかったっす。
猪・・・うまかったっす。
いえいえ、決してとらえて食べたわけではありませんので・・・念のため。

投稿: 瓶星 | 2005年7月25日 (月) 19時27分

鹿の立場なります
ありがとう

投稿: 元某メカ | 2005年7月25日 (月) 23時31分

元某メカさま
>鹿の立場なります
>ありがとう
私が鹿の立場なら次のように言うでしょう。
「ごるぁっ!安全運転義務違反じゃ。何km/h出してたんじゃー」てね(笑)
でも車道のど真ん中で固まるのもどうかと思いますが。
日本の道交法は弱者保護ですから。
あっ鹿は法的には物扱いでした・・・

投稿: 松永 | 2005年7月26日 (火) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/5139807

この記事へのトラックバック一覧です: 人間ABS:

« 元の切り上げ | トップページ | 信号待ち »