« トレーニング馬鹿 | トップページ | 模型オタクはパンケーキの夢を見るか? »

2005年6月16日 (木)

生命のデザイン

 スティーブン・ジェイ・グールド著の“ワンダフル・ライフ”を再読中です。

 1909年カナディアンロッキー山脈のフィールド山とワプタ山に隣接する西斜面の海抜2400メーター、そこで産出されるバージェス頁岩(読んで字の如しページをめくるように堆積層に沿って剥がす事が出来る堆積岩)。その岩をタイムカプセルとしてカンブリア紀のバージェス動物群が化石として閉じ込められていました。

 その動物達のデザインがちょっと普通じゃ無いデザインなんです。五つ目の蝦蛄みたいなやつから、ハリネズミみたいなふな虫??幻覚(ハルシネーション)と言う意味の学名を持つハルキゲニア!!

 自然はスバラシィィィィ!!こんなの人間じゃデザイン出来ません・・・無茶苦茶過ぎて。

 生物学つながりの次の二作品も続けて読むとオモロイです。

 人間が絶滅した未来の生態系を描く“アフターマン”。

 この本の表紙になっている、こうもりの進化した捕食者「ナイトスートカー」ってスターウォーズのエピソードIに出てきたポッドレーサーチャンピオン「セブルバ」のモトネタだと思いません?

 もう1つは太平洋上の今は無き無人島の生物群を、正確な生物観察論文タッチで書かれている“鼻行類”。(注・フィクションなのだ!!)

 嗚呼、こう見ると人の造りしデザインも捨てたモンじゃないですな。

 わたしゃこんなの大好物なんです。

 この変な生き物&空想生物・怪物シリーズは、また回を置いて記事を上げる予定です。

|

« トレーニング馬鹿 | トップページ | 模型オタクはパンケーキの夢を見るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/4583794

この記事へのトラックバック一覧です: 生命のデザイン:

« トレーニング馬鹿 | トップページ | 模型オタクはパンケーキの夢を見るか? »