« インドの山奥で修行して~♪ | トップページ | 鋼の傀儡 »

2005年6月12日 (日)

悪食

 実は別に記事を用意しておりましたが、前回の「インドの山奥で修行して~♪」のコメントにo.c-makoto様よりリクエストがあリ、急遽お題を変えてのお話です。

 急な話で推敲も行き届かない文章になるかもわかりませんが、blogセッションだと思って読んでください。

 ハバネロである。学名「Capsicum chinense Jacquin」と言う唐辛子で、「chinense=中国由来の」と言う名前を持っていますがこれは学名のほうが間違いで、メキシコ、ボリビアなどユカタン半島が原産のようです。その辛さは辛さの単位で200,000~300,000スコヴィル、ハバネロのエキスを200,000~300,000倍の砂糖水に希釈して初めて辛さを感じなくなると言うことです。(ただ時間が無かったので基準となる砂糖水のモル濃度まで調べておりませんスマソ、知っておられる方、もしくは調べられた方はコメントにお願いします。)とにかく辛さ、自然界最強である。

 今をときめくセリエAのフィオレンティーナの中田英寿選手が社外役員をする、ちょっと変なお菓子会社「東ハト」。そこが出しているお菓子がこの最強唐辛子を使った「暴君ハバネロ」である。

 なにごとも興味津々の私、知ってはいたのですが今まで食べたことが無かった。「不思議っ?」と思ったらどうしても実験君になってしまう私の悲しい性、速攻でレジへ「暴君ハバネロ」を持っていったのは言うまでもありません。

 しかもやめときゃいいのに、のっけから二袋!!!

 帰りの車中で1つの目の封を切り口の中へ「何だ!たいしたこと無い・・・黐¤ãレ黝Ãⅳン颶・・・」もう取り消し線あたりから辛さではなく痛みが口の中を走る。あとはもう日本語にはならず文字化けするほどの状態である。

 ただ私の暗黒面には「負けず嫌い」と言う側面もある。なんとやせ我慢で二袋完食!!口ではなく頭皮の毛穴の辺りがモゾモゾ、変な汗が出始める。胃もカーッとしてくるが、やせ我慢パート2と疲れていたこともありそのまま寝てしまう。

 明けて朝6時ころ「グリュ~グルグル」・・・いやな音がお腹から・・・「グリュ~グリュ~グルグルグルグル」・・・・「アーやってもうた」(自分の行為を海よりも深く反省)トイレに行き用を済ますと、第二段「イテテッ・・・」肛門がヒリヒリである。(自分の行為を再びマリアナ海溝よりも深く反省)その後更に四回トイレ通い、その度に上記の行為が繰り返されました。

 はっ・・・今このBlogを書いてて気付きました。

 人はかつて、子供の折からいろんな毒を少しずつ摂って毒に耐性を持ち「君主のお毒見役」を作っていた。

 私もこれから少しずつ「暴君ハバネロ」を摂って、二袋くらいの「暴君ハバネロ」を完食してもびくともしない鉄の内臓を持つのだっ。

 それがなんの役に立つのかって・・・

 東ハトの思惑通り・・・馬鹿・・・私って。

 でもなぜかもう一度食べてみたいぞ「暴君ハバネロ」。

お兄さんから一口メモ「唐辛子の辛味を消すには牛乳を飲むといいらしいぞ!」って・・・ハバネロなら何ガロン飲むっすか?

|

« インドの山奥で修行して~♪ | トップページ | 鋼の傀儡 »

コメント

そんな所で立ち止まっていてはいけません。

「ハバネロ」:300,000スコヴィル

まずはこれから始めてステップアップしていきましょう。
「ザ・ソース」:7,100,000スコヴィル
http://pyropepper.com/Merchant2/merchant.mvc?Screen=PROD&Product_Code=9001TS

そして、究極好きなmaz氏にはこれを試していただきたい。
その名も「Blairs 16million reserve」:16,000,000スコヴィル
http://extremefood.com/category.php?id=ds_collector

お試しあれ。

投稿: kuwa | 2005年6月15日 (水) 15時43分

kuwaさま
> 「ザ・ソース」:7,100,000スコヴィル
> 「Blairs 16million reserve」:16,000,000スコヴィル

・・・って・・・あなたはスペイン異端審問官の方ですか?

投稿: 松永 | 2005年6月15日 (水) 16時14分

「ダンディズム」とは独りよがりとやせ我慢のことである。

投稿: kuwa | 2005年6月15日 (水) 19時02分

ハバネロ・・
すばらしい響きです。ふた袋くらいで肛門やけど状態を起こしてはいけません。ガシガシ食べてドロドロ汗かいてトレーニングのサポートをしていただきましょう。
以前オーストラリア・ゴールドコーストを訪ねた時、日曜日だけ開催されるマーケットにハバネロ系の超々々々々々々々々激辛ソース・ペーストばかりを扱う怪しげなお店があったのを思い出しました。さすがに購入を躊躇しました。
辛いもの系大好きの私にとって、ハバネロは清涼剤みたいなものでやんす。MAZどのもバクバク喰らってドロドロになってくださいまし。

投稿: NOGRYU | 2005年6月16日 (木) 22時42分

NOGRYU殿
> 私にとって、ハバネロは清涼剤みたいなものでやんす。

ほー清涼剤・・・するってーとこういうことですか?
「ハバネロは飲みのもですっ!」 by NOGRYU

「すいませーん、わたしってぇ~ものすぅ~ごくぅ~繊細っていうかぁ~、か弱いんでぇ~NOGさんみたいなことぉ~真似出来ないっていうかぁ~」あ゛-っ書いててスゲー阿呆らしくなってきた。
スマソ!

投稿: 松永 | 2005年6月17日 (金) 00時17分

>ほー清涼剤・・・するってーとこういうことですか?
>「ハバネロは飲みのもですっ!」

そう来ましたかぁ。さしずめ遠い昔床やさんに行くと帰りにくれたラムネ菓子みたいなものとご理解くだせぇ

投稿: NOGRYU | 2005年6月17日 (金) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111555/4527682

この記事へのトラックバック一覧です: 悪食:

« インドの山奥で修行して~♪ | トップページ | 鋼の傀儡 »