F40、素晴らしきターボカー。 こういった舵を切った状態でのアクセルオンで簡単にスピンモードに・・・そんなことを考えて逃げ場を考えながら撮影したのはここだけの話。 でもその野蛮さが、今の車には無い潔さ。 そんな運転の難しい車を颯爽とドライブされるオーナー氏。 ピンチに笑顔、そんなジェームズ・ボンド的なダンディズム・・・あぁすばらしい。